相聚在缘分的天空寻找我们的缘分,在这里红音萤 ed2k全集作品是你的缘分,还是你的天空?记住红音萤百度影音番号网站地址哦!
当前位置:港红宝轩女优 > av女优 > hiromi ueharaqvod作品资料

hiromi uehara全集封面

来源:优友搜集  发布者:集优小帝  发表日期:2013年07月06日  览击量:1668

 

 

hiromi uehara





姓名:上原广美(Hiromi Uehara)

日文姓名:上原ひろみ

性别:女

生日:1979年 月 日

国籍:日本

籍贯:静冈县浜松市

最喜欢的功夫明星:李小龙、成龙

最喜欢的爵士钢琴家:奥斯卡·彼得森,艾罗尔·加纳(Erroll Garner),齐克·柯瑞,赫比·汉柯克

(Herbie Hancock),凯斯·杰瑞特(Keith Jarrett)等

很想去的地方:巴西

日本新生代爵士女钢琴手上原广美(Hiromi),一个古灵精怪的乐手。

Hiromi Uehara(上原广美)1979年生于静冈县浜松市。。6岁开始练习钢琴,同时,在雅马哈音乐班学习作曲。曾参加国内外多次演出,17岁和切克.高利同台演出。以 Tom and Jerry改编了一首爵士作品,邮寄给那时还健在的爵士钢琴大师Oscar Peterson,Oscar 当即决定收之为徒。

1999年,一直想到爵士乐的发源地深造的上原广美终于到了美国,在波士顿的伯克利音乐学院学习配

器和管弦乐作曲。到了美国之前她的音乐灵性本已超乎常人,而在伯克利音乐学院的学习则使她看得更宽

、走得更远。

2003年,身为爵士钢琴家兼作曲家的上原广美在美国Telarc唱片公司推出自己的处女专辑《另一种心

灵》(Another Mind),惊艳爵士乐坛,无论评论家还是爵士迷,几乎无一例外地为她的音乐喝彩叫好。

她的乐坛名声也借此处女专辑开始影响到她的祖国日本。在日本,《另一种心灵》的唱片销量达到10W张

,成为金唱片,并获得日本唱片工业协会(RIA)颁布的“年度最佳爵士专辑奖”。

上原广美的第二张专辑《头脑》(Brain)于2004年推出,凭借这张富有吸引力和创新价值的专辑,

她本人被在国际爵士音乐界有着巨大影响的日本爵士专业杂志《摇摆期刊》(Swing Journal)读者票选

“年度最佳新人”并获得“年度最佳专辑”大奖,此外她还获得《爵士人生》(Jass Life)杂志的“金

唱片”奖、HMV唱片连锁销售集团日本公司的“最佳日本爵士专辑”奖和日本音乐作家俱乐部的“日本音

乐家”奖。


上原广美于2006年1月推出的《螺旋》(Spiral)专辑再次征服众心,荣获《摇摆期刊》杂志读者票

选出的“年度爵士艺人”、“年度爵士钢琴家”和“年度最佳专辑”三项大奖。

上原广美在波士顿的柏克里音乐学院读书的时候就已经声名大噪。Ahmad Jamal收她为徒弟,Chick

Corea更是对这位日本小女孩赞誉有加,甚至几个大师级的钢琴手都私下在流通他的音乐带子

上原广美最让人称道的莫过于她的活力跟音乐创作力。 Kung-Fu Worldchampion跟Return of Kung-Fu Champion 两首跟李小龙致敬的乐充分感受到这个小女孩的活力。

 

人物[編集]

  • バークリー音楽大学ジャズ作曲科とCWP(Contemporary Writing & Production)科を首席で卒業。
  • 制作に参加したアルバム「THE STANLEY CLARKE BAND FEAT. HIROMI(スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ)」が第53回グラミー賞「Best Contemporary Jazz Album」(ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム)を受賞した。
  • 毎年、世界を舞台に約100日150公演のツアーを続けている。
  • 日本人アーティストでは唯一となるニューヨーク・ブルーノートでの8年連続一週間公演を成功させている。
  • ドリームズ・カム・トゥルー、矢野顕子、東京スカパラダイスオーケストラ、熊谷和徳、笑福亭鶴瓶らとの共演ライブも行っている。
  • 影響を受けたアーティストはフランク・ザッパ、バッハ、オスカー・ピーターソン、アーマッド ジャマル、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ドリーム・シアター、キング・クリムゾン、エロール・ガーナー、マルタ・アルゲリッチ、ウラディミール・ホロヴィッツ、ジェフ・ベックなど多数[1][2]。
  • 影響を受けた人物はカール・ルイス、マイケル・ジョーダン[1]。

来歴[編集]


生い立ち[編集]

  • 1979年、静岡県浜松市に生まれる。
  • 1985年、6歳でピアノを始める。ヤマハ音楽教室では、ピアノとともに作曲も学ぶ。また、15歳以下の子供たちが参加する、ヤマハ音楽教室主催の「ジュニアオリジナルコンサート」(ヤマハでは、JOC と略称する)に何度も参加した。
  • 1987年、8歳の時、ピアノの教師宅でジャズのレコードを発見。以降ジャズへの傾倒が始まる。その後もジャズ好きの教師たちに恵まれ、周りの影響で小学校時代からすでに、オスカー・ピーターソンやエロル・ガーナーに熱中する時代を送り、当時からインプロヴィゼーションをこなす。校内の音楽会で発表するため、人気アニメの主題曲「おどるポンポコリン」を独自に編曲。楽器パートの譜面作りもすべて一人で行い、周囲を驚かせた。
  • 1993年、14歳の時にチェコに行く機会があり、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と共演する機会をもつ。
  • 1994年、NHK趣味百科「ピアノで名曲を」に生徒として出演。シューマンの「幻想小曲集作品12 (シューマン)」から「飛翔」「なぜに」を演奏した。
  • 1995年、静岡県立浜松北高等学校に入学。在学中は、ロックにものめり込んだ。
  • 12月、16歳の時、上京したおりにたまたまヤマハで来日公演のためのリハーサルを行っていたチック・コリアと出会い、彼にうながされて目の前でピアノを弾いた。彼女の技術に感銘を受けたチックも加わり、その場で即興での共演となった。彼女の卓越したピアノの才能を見抜いたチックは来日公演の最終日に彼女をステージに上げ、今度は観客の前で共演を果たす。その後、チックの見立て通り、見事に音楽的才能を開花させた彼女は、国内外のコンサートに出演するかたわら、日産自動車や花王などのコマーシャル・ソングを作曲。
  • 1997年 ミシシッピー州知事からの招聘を受けたヤマハが、現地のサリアマラ国際芸術財団とヤマハ・アメリカ共催で開催したチャリティ(インターナショナル)ジュニアオリジナルコンサート(JOC)に米国の子ども8名とともに特別ゲストとして参加。このコンサートは全米三大ネットワークでテレビ放映された。
  • 1999年、20歳のとき、長年付き合いのあるヤマハの音楽支援制度で留学奨学支援(奨学金)を得たのを機に、マサチューセッツ州ボストン市にあるバークリー音楽大学への留学を決意。20歳で法政大学法学部を中退し、渡米する。留学の主要な目的はピアノ修行ではなく、作編曲技術の習得であったので、作編曲科に入学した。

デビュー[編集]

  • 2003年4月22日、バークリー卒業を目前にして米国のジャズの名門、テラーク・レコードと契約。デビュー・アルバム"Another Mind"(日本盤『アナザー・マインド』)をリリースし、世界デビュー。アーマッド・ジャマルと、その友人バークリー音楽院の指導者でジャズ・ベーシストのリチャード・エヴァンスによる共同製作作品として結実することになる。上原はデビューアルバムで、たった3人編成のピアノ・トリオで、どこまで音楽を拡張できるかを課題として追究した。その後、全米各地のジャズフェスティバルに出演。
  • 5月3日、第8回ケネディ・センター・メアリー・ルー・ウィリアム・ウィミン・イン・ジャズ・フェスティヴァル(Eighth Annual Kennedy Center Mary Lou Williams Women in Jazz Festival)にトリオで出演、そこでの演奏は「ロック、ファンク、ジャズ、パンクと音の力を究めた」と評価された。
  • 5月11日、バークリー音楽大学を首席で卒業。
  • 6月25日 ユニヴァーサルより日本盤『アナザー・マインド』リリースし、国内で正式デビュー。
  • 10月19日 毎日放送製作のテレビ特集番組「情熱大陸」に出演し、ボストン在住の上原を密着取材した場面やニューヨークやヨーロッパツアーに同行取材して撮影したライヴ映像などが全国配信される。
  • 12月13日 - キリンのテレビCMに登場。

2004年[編集]


  • 3月10日、第18回日本ゴールドディスク大賞(主催日本レコード協会)で『アナザー・マインド』がジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
  • 4月21日、セカンド・アルバム『Brain』をリリース。同アルバムはアメリカで『サラウンド・ミュージック・アワード<ニュースター賞>』を受賞。

2005年[編集]

  • 活動の拠点をボストンからニューヨークに移す。
  • 10月19日、サード・アルバム『スパイラル』をリリース。同アルバムは『ジャズディスク大賞 日本ジャズ賞』を受賞。

2006年[編集]

  • 12月8日、昭和女子大学人見記念講堂で矢野顕子とジョイントライブを行なう。この年発売の矢野のアルバム『はじめてのやのあきこ』にも参加。
  • 9月 浜松市「やらまいか大使」に任命される。
  • ミラノ・コレクションで演奏。
  • ボストン・ミューシック・アワードの2006年ベスト・ジャズ・アクト受賞

2007年[編集
]

  • 2月21日、4作目のアルバム『Time Control』リリース。前作のトリオにDave Fiuczynski (g) を迎えて“Hiromi's Sonicbloom”というプロジェクトを結成。発売に際してタワーレコード渋谷店でインストアライブ、原宿で番組収録イベントを行う。
  • 平成18年度(第57回)芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)に選出される。
  • 世界最大のフェスティバル、英国「グラストンベリー・フェスティバル」に出演。
  • 11月公開の映画『オリヲン座からの招待状』(浅田次郎原作、宮沢りえ主演)にメインテーマ曲「PLACE TO BE」を提供。また、劇中音楽を手がけた作曲家村松崇継はヤマハ音楽教室時代の同窓生。プロになって約11年ぶりに再会を果たした。
  • 9月1日 デザイナーの三原康裕と結婚。

2008年[編集]

  • 1月30日、チック・コリアとのアルバム「Duet:」をリリース。
  • 5月28日、アルバム『Beyond Standard』リリース。
  • 6月27日放送のフジテレビ『僕らの音楽』で絢香と競演。
  • 12月30日、「第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞」を受賞。

2009年[編集]

  • 4月、スタンリー・クラークとのプロジェクトとしてアルバム「JAZZ IN THE GARDEN」をThe Stanley Clarke Trio with Hiromi & Lenny White名義でリリース。
  • 9月、アルバム『プレイス・トゥ・ビー』をリリース。初のピアノソロ作品。

2010年[編集]

  • 1月26日、ソロ・ピアノ作品「Place to Be」をリリース(日本国内は2009年発売)し、アメリカのアマゾンのジャズチャートで1位を記録。
  • スタンリー・クラーク・トリオとして北米、日本をツアー。
  • 6月2日、「THE STANLEY CLARKE BAND FEAT. HIROMI」を発売。

2011年[編集]

  • 日本時間2月14日(現地時間13日)に行われた「第53回グラミー賞」で、バンドのメンバーとして自身も参加したアルバム「THE STANLEY CLARKE BAND FEAT. HIROMI」が第53回グラミー賞「Best Contemporary Jazz Album」(ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム)を受賞した。

2012年[編集]

  • 4月1日、ニューヨークの国連総会議場で行われたユネスコ主催の「第一回インターナショナル・ジャズ・デー」に参加。
  • 9月、「上原ひろみ Feat.Anthony Jackson&Simon Phillips」として「MOVE」(アルバム)をリリース。

コンサート(パフォーマンス)[編集]

日付 場所 タイトル・内容
2000年8月25日 東京神田・東京TUC 上原ひろみ ピアノライブ THIS IS ME
2003年5月3日 ケネディ・センター 第8回ケネディ・センター・メアリー・ルー・ウィリアム・ウィミン・イン・ジャズ・フェスティヴァル(Eighth Annual Kennedy Center Mary Lou Williams Women in Jazz Festival)にトリオで出演
2003年6月11日 静岡・浜松アクトシティ21 全米デビュー後の日本初ライブ
2003年6月12日 東京渋谷・JZ Brat Sound of Tokyo  
2003年9月30日 ニューヨーク、ジャズ・スタンダード  
2003年10月10日 ドイツ、バードランド  
2003年11月23日 名古屋・ブルーノート 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2003年11月25日 - 26日 福岡・ブルーノート 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2003年11月27日 - 28日 東京渋谷・JZ Brat Sound of Tokyo 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2003年12月1日 - 2日 大阪・ブルーノート(ジャズ・クラブ)(各日2ステージ) 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2004年9月18日   東京JAZZ
2004年10月・11月 日本公演(東京・札幌・大阪・名古屋・福岡・横浜)  
2005年1月 ブルーノート(ニューヨーク)  
2005年7月31日   フジ・ロック・フェスティバル
2005年11月 - 12月 日本公演。8都市14公演。(福岡・大阪・仙台・横浜・静岡・名古屋・新潟・東京)  
2006年1月 ブルーノート(ニューヨーク)  
2006年9月   東京JAZZ。チック・コリアと共演。
2006年12月8日 昭和女子大学人見記念講堂 矢野顕子とのジョイントライブ
2006年12月11日 - 12月29日 日本(東京・名古屋・浜松・西宮)、タイ、シンガポール、インドネシア アジアツアー
2007年4月 ブルーノート(ニューヨーク) 3年連続公演
2007年7月29日   フジ・ロック・フェスティバル'07
2007年7月31日   SUMMER LIVE IN KOUCHI(単独公演)
2007年8月4日   情熱大陸スペシャルライブ大阪公演
2007年8月5日   SAPPORO CITY JAZZ
2007年9月 ブルーノート東京 チック・コリアとのピアノ・デュオでのライブ
2008年4月30日 日本武道館 チック・コリアとのピアノ・デュオ

テレビ出演[編集]

  • 情熱大陸(毎日放送) 2003年10月19日
  • 音遊人(テレビ東京)2004年11月19日、2004年11月26日、2005年2月4日、2005年10月8日、2006年9月30日、2007年05月20日
  • J-MERO(NHK総合テレビ)2011年2月7日、6月13日
  • ソロモン流(テレビ東京)2011年5月29日
  • アナザースカイ(日本テレビ) 2011年12月2日
  • サワコの朝(毎日放送・TBS)2012年9月8日
  • 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU(日本テレビ)2012年9月22日

ディスコグラフィー[編集]

  • 2003年4月22日 Another Mind, Telarc CD-83558(米国)
    • 2002年9月録音 パーソネル (p)・Mitch Cohn (b)・Dave DiCenso (ds)・ゲストAnthony Jackson (b)・Jim Odgren (as)・Dave Fiuczynski (g)
  • 2003年6月25日 『アナザー・マインド』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック(Telarcレーベル、以下同じ)UCCT-1077
  • 2004年4月21日 『ブレイン』ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1090
    • 2003年12月録音 パーソネル  (p)・Anthony Jackson (b)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)
    • 米国版は2004年5月25日に発売。
  • 2005年10月19日 『スパイラル』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1145
    • 2005年5月録音 パーソネル (p)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)
    • 初回版はライブ映像のDVD付として発売。2006年11月22日にはツアー・エディション (UCCT-2004) として別内容のライブ映像のDVD付として発売。いずれも限定版。
    • 米国版は2006年1月17日に発売。
  • 2007年2月21日 『タイム・コントロール』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1181
    • 2006年10月録音 パーソネル (p)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)・David Fiuczynski (g)
    • 前作のトリオにDavid Fiuczynski (g)を迎え、Hiromi's Sonicbloom というユニットで録音。
    • 米国版は2007年3月27日に発売。
  • 2008年1月30日 『デュエット』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック B000YY66ZU
    • 初回限定版DVD付き
    • チック・コリアとのデュオアルバム
  • 2008年5月28日 『ビヨンド・スタンダード』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1197
    • 2008年1月録音 パーソネル Hiromi Uehara (p)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)・David Fiuczynski (g)
    • 初回限定版DVD付き
  • 2009年2月25日 関西テレビ開局50周年記念ドラマ『トライアングル』 サントラ BMG JAPAN
    • 國田大輔 (g)、田中 晋吾 (b)、坂東慧 (ds)
  • 2009年9月5日 『プレイス・トゥ・ビー』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1218[3]
    • 初のソロアルバム。日本盤にはボーナス・トラックとして矢野顕子参加の「グリーン・ティー・ファーム」が収録されている。
  • 2011年3月16日 『ヴォイス』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-9015(CD + DVD 初回生産限定盤)、UCCT-1227(通常盤)[4]
    • 上原ひろみ THE TRIO PROJECT featuring Anthony Jackson & Simon Phillips名義
    • パーソネル Hiromi (p)・Simon Phillps (ds)・Anthony Jackson (b)
  • 2011年11月23日 『Get Together ~LIVE IN TOKYO~』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-9022(CD + DVD 初回生産限定盤)、UCCT-1233(通常盤)
    • 矢野顕子×上原ひろみ名義
    • パーソネル 矢野顕子 (vo, p)・上原ひろみ (p)
    • 初回限定版DVD付き
  • 2012年9月5日 『MOVE』(SHM-CD仕様)ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1240
    • 同日、「初回限定SHM-CD+DVD盤 (UCCT-9027)」、「SA-CD SHM仕様盤 (UCGT-9001)」発売
    • パーソネル:上原ひろみ:piano, keyboards / アンソニー・ジャクソン:contrabass guitar / サイモン・フィリップス:drums

文献[編集]

  • 2005年10月 - 神舘和典(文)、白土恭子(写真) 『上原ひろみ サマーレインの彼方』 幻冬舎、ISBN 4344010566
  • 2009年10月 - 同上 増補版 幻冬舎文庫
  • 上一篇:
猜你会喜欢
友情推荐